3月24日(金)
  今日で今年度の授業は終わりです。修了式では、各学年の代表の人が校長先生から修了証を授与されました。「児童代表のことば」の中では、頑張ったことやできるようになったこと、来年度への抱負などが発表されました。
  校長先生からは、1年間の自分の頑張りをほめるとともに、次の学年に向けた「心の準備」をしてくださいというお話がありました。さらに、交通事故などに気をつけ、4/10(月)の始業式には全員元気にそろってくださいというお話もありました。
  最後に、図工と「おは走」の表彰を行いました。「おは走」では、なんと年間三万周達成のクラスがありました。
  この1年間でどんな力がついたか、どんなところが成長したかを、ご家庭でも話し合ってみてください。そして、来年度はどのようなことを頑張っていこうかを一緒に考えてみてください。

3月23日(木)
  今年度も明日で終わりです。最終日前日の今日は大そうじを行いました。
  ロッカーの中やくつ箱、窓ガラスなど、ふだん手の届かないところを中心に、みんなで協力してきれいにしていきます。机の上や窓の桟などの細かいところをそうじしている人も
いました。
  学校での大そうじは終わりました。今度は家の大そうじも手伝えるといいですね。まずは自分の部屋や机のまわりから始めてみましょう。

3月22日(水)
  6年生が卒業しました。5年生から1年生だけでの登校ですが、しっかり並んでいました。後ろを気にして声をかけている班長もいました。頼もしいですね。
  授業後の一斉下校では、新しい通学班の確認と、班長旗の使い方や春休みに向けてのお話もありました。
  6年生が抜けて人数が少なくなりさみしい班もありますが、4月になったら新1年生が加わります。楽しみですね。

3月21日(火)
  春の雨がしとしと降るこの日、卒業証書授与式を無事行うことができました。厳粛な雰囲気の中、卒業生・在校生ともに素晴らしい態度で臨み、地域の方や保護者の方より
お褒めの言葉をいただきました。
  今年度は89人が卒業し、卒業生は10,278人を数えます。川辺小学校の歴史と伝統を感じます。卒業生のみなさん、保護者のみなさま、本日はおめでとうございます。

3月17日(金)
  3連休をはさんで、いよいよ来週火曜日にせまった卒業式のために、今日は式場の準備をしました。
  体育館のいすや長机などは、5年生のみなさんが午前中に並べてくれ、きれいに拭いてくれました。午後は先生方で、紅白幕や看板、飾りなどの準備をしました。
あとは卒業生を待つばかりです。
  当日は、天気がよくなりますように、そして卒業生が全員元気に登校することを願うばかりです。

3月17日(金)
  朝の時間に6年生の卒業を祝う「お別れ式」が実施されました。放送室からのアナウンスや花のアーチなどの役割を、来週火曜日のの卒業式に参加しない1〜3年生が中心と
なって行ってくれました。
  拍手の中を歩いている途中では、在校生から「おめでとう!」の声がかかりました。卒業生は照れくさそうにしながらも、うれしそうに在校生の列の間を歩いていました。

3月16日(木)
  もうすぐ卒業する6年生が奉仕活動を行いました。学校中のトイレや廊下・階段、玄関やオープンスペースなどを掃除してくれました。
  トイレの床や窓枠のレールなど、普段は時間がなく手が回らないところを中心にきれいにしてくれました。職員室前の重い棚を動かして
掃除してくれた人たちもいました。
 授業中に行ったのですが、他の学年に迷惑をかけることなく黙々と集中して行っている人がいたり、場所に合わせてやり方を工夫したり
みんなで協力したりしているところはさすがです。6年生のみなさん、学校のためにありがとうございました。

3月15日(水)
  今年度最後の昼の読み聞かせ「おはなしレストラン」が行われました。今年度も、庄和おはなしの会のみなさま、保護者図書ボランティア「おはなしの森」のみなさま、
図書委員の子どもたち、そして先生方による読み聞かせが行われました。
  楽しいお話、悲しいお話、考えさせられるお話になど、たくさんのお話を聞くことで、子どもたちは心にどのような思いや考えを持ったのでしょうか。どれも、きっと「心の栄養」に
なったことでしょう。
  お世話になったみなさま、ありがとうございました。来年度もよろしくお願いいたします。

3月14日(火)
  来週に控えた卒業式に向けて、予行練習を行いました。当日と同じ時間、同じ流れで進めていきました。厳かな雰囲気の中、卒業生も在校生も立派な態度で臨むことが
できました。このよい緊張を保って当日の式に臨んでもらいたいと思います。
  予行練習の後、卒業にかかわる表彰を行いました。学習に熱心に取り組み、普段の生活でも真剣に取り組んだ人に贈られる「埼玉県児童生徒表彰」、
体育の授業や各種スポーツの大会などで力を発揮した人に贈られる「埼玉県体育優良児童表彰」、生活をよりよくするために考えてみんなの先頭に立って行動した人に贈られる
「埼玉県産業教育優良卒業生表彰」、健康に気をつけ、6年間欠席せずに登校した人に贈られる「六ヶ年皆勤賞」の4つです。六ヶ年皆勤賞は7人もいました。
健康管理をしたり応援をしてくれたりしたお家の人への感謝も忘れずにしてほしいと思います。

3月10日(金)
  卒業間近の6年生に、校長先生が「金属は燃えるのか」をテーマに、理科の特別授業をしてくださいました。
  最初に、「燃える」とはどういうことか、「燃える」と「爆発」との違いなどの話がありました。次に、実験の演示を見ました。薬包紙に鉄粉を巻いて糊で留めたものに火をつけ、
鉄も燃えることを確かめます。
  実験の注意や約束を確認したあとは、自分たちでの実験です。積極的に行う子もいれば、恐る恐る火をつける子もいました。火がついたあとは線香花火のように燃え、
子どもたちからは歓声が上がっていました。
  小学校生活も授業日数残り6日となりました。中学校でもおもしろい学習や実験が待っていることでしょう。さらに理科の楽しさやおもしろさを感じてほしいと思います。

3月9日(木)
  埼玉県から賞味期限の迫った非常食をいただき、試食をしました。5・6年生には、非常食の準備の仕方なども知ってもらいました。実際の災害の例では、中学生も貴重な地元の「戦力」です。
  今回の非常食は「わかめご飯」です。乾パンぐらいしかなかった昔と比べて、最近の非常食は進化しているようで、子どもたちも「おいしい。」と言って食べていました。
  東日本大震災から6年が経とうとしています。お家に非常食があれば賞味期限を確認してみてください。もし期限が迫っているものがあれば、ぜひご家庭でもやってみてください。

3月8日(水)
  今年度最後の縦割り遊びです。業前の時間を使って行われました。最後ということで、今回は5年生が中心となって、出欠確認や遊びを進めてくれました。
  最後には各班で、6年生へ感謝の言葉が送られました。しっかりとした6年生の姿を下の学年が真似ていき、それが伝統となって引き継がれていきます。

3月7日(火)
  卒業式まであと2週間、卒業式練習が始まりました。といっても、6年生を送る会の練習と並行して6年と5・4年の各学年で、心構えや起立・礼、「門出のことば」などの所作の
練習をしていました。今週になって、卒業生と在校生代表の合同練習が始まりました。
  証書を受け取ったり歌を歌ったりしているときはたぶん立派にやってくれることでしょう。その一方で、長時間いすに座ったり同じ姿勢をしたりという「何もしていない部分」でも、
しっかりとした態度で行うことが大切です。
  まずは、来週の卒業式予行練習までに一つの成果を見せてくれることを期待しましょう。

3月6日(月)
  6年生の卒業をお祝いして「6年生を送る会」を行いました。各学年で招待状やプレゼント、飾りつけなどを準備しました。
  5・4年生の代表委員のみなさんが中心となって進行してくれました。各学年の出し物の中には、6年生への感謝や言葉、中学校生活への激励などが織り込まれていました。
伝統の「応援旗」の引き継ぎも行われました。
  入場した直後は少々緊張ぎみの顔だった6年生も会が進むと終始笑顔で、時には爆笑する場面もあり、とても心温まる会となりました。卒業までの6年生の登校日はあと10日。いよいよお別れが近づいてきました。

3月3日(金)
  3月の全校朝会です。校長先生からは、1年間の自分を振り返りながらまとめをすることと、次の学年への準備や心構えをすること、机やロッカー、教室などの掃除・整頓を
しましょうというお話がありました。
  また、自主的に朝のあいさつ運動を行ってくれている1年生2名と、用水に落ちていた犬を救出した6年生2名のよい行いに対して、「ひまわり賞」の表彰をしました。
  3月の生活目標は「学校をきれいにしよう」です。「もくもく・すみずみ・てきぱき・ぴかぴか」を合い言葉に、「次の人のために」という気持ちで掃除をしようということが話されました。
  今年度も残り3週間となりました。1年間の自分を振り返り、よい締めくくりをして新しい学年、中学校生活を迎えられるようにしたいものです。

3月2日(木)
  この日の昼の読み聞かせ「おはなしレストラン」は、図書室で行われました。メニューは「十二支のはじまり」です。
  進級おはなし会として、図書委員のみなさんが劇を交えながらお話を聞かせてくれました。たくさん集まったお客さんからからは、笑い声と拍手があがっていました。
図書委員のみなさんも楽しそうでした。楽しいお話をありがとうございました。

3月1日(水)
  音楽の学習の一環として、日本の伝統的な楽器「箏」を使った学習を行いました。学習ボランティアとして、佐藤和江先生をお迎えしました。
  まずは箏の響き、生の演奏を聞かせていただいたりしました。次に箏の歴史や演奏方法について教えていただきました。続いて、琴の伴奏に合わせてみんなで
「世界に一つだけの花」歌ってみました。最後に実際に箏に触れさせていただき、「さくら さくら」の一部を演奏してみました
  体験を通して学ぶこと、そして本物に触れることで子どもたちの学習意欲や関心が高まったことと思います。

3月1日(水)
  今年度最後の表彰朝会です。活躍した友達の健闘をたたえる会です。書き初め中央展やふれあいアート展、各種美術展や作文コンクールなど12の表彰を行いました。
  校長先生から直接賞状をいただいた児童は、誇らしく堂々とした態度で受け取ることができました。来年度もいろいろな場面で子どもたちが活躍してくれることでしょう。

2月28日(火)
  来年度の通学班編成を行いました。PTAの方が決めてくださった通学班名簿をもとに、班員や集合時間などが確認されました。新班長への指導も行いました。
  会の中では、現班長の6年生・新班長の5年生・1年生のそれぞれの代表から、感謝や誓いの言葉がありました。班長旗の引き継ぎも行いました。
帰りの際には、通学路にある「こども110番の家」の方に、お礼のあいさつにうかがいました。
  この日の一斉下校から新しい班長が先頭に立って登下校します。交通事故のないように、地域のみなさまや保護者の方も、見守り・声かけをお願いいたします。

2月28日(火)
  縄跳び時間跳びで10分を達成すると、「時間跳び名人」に認定されます。その名人が一堂に会して「時間跳びチャレンジ」が行われました。上限なしで時間跳びに挑戦します。
  みんな集中しています。自分の限界に向かって必死に跳んでいます。6年生男子の51分07秒がこの日の最高でした。学校の授業1時間分以上跳び続けたことになります。
すごいですね。

2月27日(月)
  感謝の会に先立ち、1年間お世話になったボランティアの代表である「学校応援団コーディネーター」のみなさまにお集まりいただき、連絡協議会を行いました。
  各グループより活動状況の報告や日ごろ気づいたことなどについて協議しました。児童がより充実した学校生活を送ることができるよう、
今後もお力添えをいただけることを再確認して閉会しました。
  各ボランティア団体のみなさま、1年間ありがとうございます。今後も引き続きよろしくお願いいたします。

2月27日(月)
  今日は、日ごろからボランティアとしてお世話になっている地域のみなさまをお招きして「感謝の会」を開きました。
  事故なく安全に登下校できるよう見守っていただいている「交通指導員さん」「見守りボランティア」のみなさま、読み聞かせをしてくださっている「図書ボランティア」のみなさま、
花や花壇の整備をしてくださっている「お花ボランティア」のみなさま、毎週こども新聞を届けてくださっている新聞協力者の方、地域スポーツクラブや共栄大学の「学習ボランティア」のみなさまといっしょに、心が温かくなる時間を過ごしました。
  体育館では、各学年の呼びかけ・歌や合唱・感謝カードのプレゼントなど、感謝の気持ちを表しました。給食の時間には各学級に入っていただき、楽しく会食をしました。
  普段は当たり前のようにやってくださっていることですが、それは当たり前のことではありません。学校を支えてくださっているみなさんへの感謝の気持ちをいつも忘れないように
してほしいと思います。

2月24日(金)
  業前の体力づくりの時間に、長縄大会が行われました。8の字跳びを2分間に何回跳べるかで競い、クラス2チームの合計で競います。
  各ブロックの最高記録は 低学年は2年1組の159回、中学年は4年2組の364回、高学年は5年3組の389回でした。
入賞したクラスが発表されると、飛び上がって喜んでいました。
  体力づくりの時間に練習していましたが、体育の時間にも取り組んだり休み時間に自分たちで練習したりしていました。
同じ目標に向かってみんなで一丸となって取り組んでいく姿は素晴らしいです。

2月24日(金)
  今回の児童集会は、健康委員会の発表です。最初はふだんの活動の紹介がありました。
  続いては、かぜやインフルエンザの予防をテーマに劇が行われました。劇の途中にクイズが出され、みんなが○×で答えるコーナーもありました。
  川辺小学校では今のところ、インフルエンザは爆発的に流行してはいません。劇の最後にあった、かぜやインフルエンザを予防する6つのポイント「早寝」「早起き」「朝ご飯」
「手洗い」「うがい」「換気」を心がけて、今年度あと一ヶ月を乗り切っていきましょう。

2月23日(木)
  今年度最後の授業参観・懇談会です。6年生は小学校生活最後の授業参観・懇談会でした。
  低学年では、できるようになったことを披露する学習発表会が多く見られました。発表したことに対して、各教室であたたかい拍手が起きていました。
  高学年は、落ち着いたしっかりとした態度で学習に臨んでいました。国語や体育、道徳などいろいろな内容で授業が行われました。理科の実験や家庭科の調理実習に保護者の方にも参加していただく授業もありました。
  授業のようすなどから子どもたちの成長が見えたことと思います。参会していただいた保護者のみなさま、ありがとうございました。

2月22日(水)
  2月の歌声集会です。司会や伴奏は音楽委員のみなさんです。今月の歌は「変わらないもの」、今週金曜日に行われる「感謝の会」でも歌う曲です。
部分練習をしたあと、最後にみんなで歌いました。
  続いては、なかよし学級のみなさんの発表です。先日の「特別支援学級交流会」で他の学校の人たちに発表した「ブラックホール」「ミッキーマウスマーチ」の2曲を、
全校の前で演奏してくれました。みんなが見ている前で少々緊張気味でしたが、立派に演奏したり歌ったりすることができました。
  まだ「感謝の会」や「6年生を送る会」の中で全校で歌う機会がありますが、今年度の歌声集会は今回が最後でした。

2月22日(水)
  本年度3回目の学校保健委員会が開催されました。今回は、携帯電話会社の「スマホ・ケータイ安全教室インストラクター」の方をお招きしました。
  講和では、携帯電話などを利用するときのトラブル例、健康や体との関係についてなどをお話しいただきました。子どもが利用する際に周りの大人ができることとして、
危険性を知らせたりフィルタリングをかけたりなど、きちんと管理してあげることが大切なようです。
  養護教諭からは、携帯電話等に関して5・6年生からとったアンケートの結果について報告しました。学校医の先生からは、インフルエンザの現状などについてお話しいただきました。
  ご家庭でも使い方を見直して、ルールなどを話し合っていただきたいと思います。参加していただいた保護者のみなさま、ありがとうございました。

2月21日(火)
  4年生が社会科見学に出かけました。社会の授業で学んだ「歴史の町川越」と「人形の町岩槻」を実際に見に行きました。
  川越のまつり会館では、貴重な資料を見たり説明を聞いたりして、学んだことをより深く理解することができました。昔からの街並みを散策した途中で寄った「菓子屋横丁」では、おみやげ選びに熱中していました。
  お家の方が作ってくれたお弁当を食べたあとは岩槻に向かい、「鈴木人形」で見学させていただきました。工房では実際に人形を作っている様子も見学させていただきました。
  見学しながら熱心にメモをとったり職人さんに質問したりするなど、子どもたちは積極的な姿勢で見学に臨んでいました。

2月20日(月)
  庄和地区の小中学校6校にある特別支援学級のみんなが葛飾中学校に集まって、交流会を開きました。
  会の中では、「世界に一つだけの花」を歌い、楽器で「ミッキーマウスマーチ」「ブラックホール」の2曲を演奏しました。練習の成果を十分発揮し、大きな拍手をもらいました。
  クイズやゲームをしながら、他の学校の人たちとの交流もしました。中学校に進学した先輩と1年ぶりの再会もはたしました。

2月17日(金)
  4年生を対象に、「JFAキッズプログラム」が開催されました。このプログラムは、外で遊ぶことが減った子どもたちに遊びや運動を通して
健康な体づくりを行いながら、チームワークやスポーツマンシップなどを育もうと、日本サッカー協会が行っている取り組みです。
  最初はボールを使わない運動、次にボールを使ってのいろいろな運動を行いました。どれもみんなができる簡単な運動でありながら、チャレンジングな
要素があったりチームワークが必要だったりと、夢中にさせるメニューが次々と出てきました。最後はサッカーのミニゲームを行い、みんなで楽しみました。
  テンポのよい展開と指導の方の巧みな話術で、子どもたちはいきいきと運動に取り組んでいました。日本サッカー協会の指導者のみなさん、
楽しい時間をありがとうございました。

2月16日(木)
  クラブ活動は、4〜6年生の異年齢の児童が一つの活動を通して、協力したり相手を思いやったりすることを学ぶ場になっています。
  クラブ活動の1年間のまとめ「クラブ発表会」が行われました。各クラブがどのような活動に取り組んできたかを発表しました。パソコンでのプレゼンテーションを使うクラブ、
作品を見せながら発表するクラブ、実際に活動する姿を見せるクラブと様々でした。 
  中には3年生に体験してもらうクラブもありました。バドミントンや卓球では打ち合いに参加したり、陸上では走り高跳びをしたりと、わくわくどきどきするような発表会となりました。
最後には、3年生から感想発表がありました。
  このあと、3〜5年生はどのクラブに入るか決めていきます。初めてのクラブ選びとなる3年生にとっては、大いに参考となったことでしょう。

2月15日(水)
  縄跳び検定で時間跳びに挑戦しました。学年ごとに体育館で実施します。友達同士で記録をとり合ったり応援し合ったりしていました。
1年生の所には6年生が来て記録をとってくれました。
  10分跳び続けると「名人」ですが、学校中の名人になった人を後日集めて、10分以上どこまで跳べるかに挑戦します。
  種目ごとの挑戦はまだ続きます。お家でも練習してみてください。

2月14日(火)
  「鉄棒教室」が開催されました。運動委員会のみなさんが用具の準備や補助などをしてくれています。今回はさか上がりを中心に行いました。
  昼休みになると、さっそく人が集まりました。補助板や跳び箱などの補助器具を使って、段階を踏んで練習しました。そのあとにやってみると、すぐにさか上がりができるように
なった人もいました。

2月13日(月)
  5年生が6年生の似顔絵を描きに行きました。描いた似顔絵は、3月の「6年生を送る会」で展示されます。
  5年生は「いい顔」を描こうと真剣に6年生の顔を見ていました。そうすると6年生は照れてしまい、笑ったり横を向いたりする人が続出です。
  6年生は、卒業が近づいていることを改めて実感したかもしれません。いったいどんな顔に仕上がるのか、当日が楽しみです。

2月10日(金)
  3年生が社会科見学に行きました。小学校では初めてバスで出かけました。
  午前中の県立歴史と民俗の博物館では、社会科の学習などで学んでいる昔のくらしの様子や昔遊び、歴史などについて、展示物を見たり実際に触れたりしながらの学習です。
教室で学んだことを体験を通して学ぶことで、より深めていきます。
  午後はロッテ浦和工場の見学でした。お菓子の製造工程を見学したりチョコレートのできる過程を教えていただいたりしました。
チョコレートの入っている製品と入れる前の製品とを食べ比べたりもしました。
  子どもたちは、真剣に話を聞いたりメモを取ったりしていました。体験でも楽しさや先人の工夫や努力を実感していました。見学で学んだことや感じたことをまとめ、これからの
学習に役立てていきます。

2月9日(木)
  3学期の図書委員のみなさんは、昼の読み聞かせ「おはなしレストラン」と朝の読み聞かせ「おはなし宅配便」で低学年のクラスに行ってお話を読んでくれています。
  この日も、保護者の図書ボランティア「おはなしの森」の方といっしょに、大型絵本を使って読み聞かせをしてくれました。経験を重ねることで、子どもたちもだんだん読むのが
うまくなってきています。

2月8日(水)
  4人の「師匠」をお迎えして、4年生の民謡教室が行われました。
  最初に民謡の歴史を教えていただきました。農作業や力仕事のときにかけるかけ声などが変化して、今の民謡の形になったそうです。
  まず、「ソーラン節」「南部牛追唄」の2曲を聴かせていただきました。音楽の授業でも学習した「こきりこ節」では、代表の子が楽器を演奏し、みんなで歌いました。
  楽器の体験コーナーでは、3種類の楽器を体験しました。難しい楽器もあったのですが、みんな積極的にチャレンジしていました。
  最後は勇壮な「津軽じょんがら節」の演奏で幕を閉じました。なかなか馴染みのない民謡ですが、貴重な体験の時間となりました。4人の師匠の方、ありがとうございました。

2月7日(火)
  庄和すずらん幼稚園・庄和幼稚園・小島保育園・庄和第2保育所の約160名のお友達をお招きして、幼保小学習交流会「川辺小なかよしランド」が開かれました。
  司会進行は1年生です。最初に、1年生のみなさんが「こいぬのマーチ」の合奏を披露しました。続いて行った「じゃんけん列車」では、大きな声が出るほど盛り上がりました。
  次に、けん玉やこま、あやとりやおはじきなどの「昔遊び」で楽しみました。遊びの中で、やり方やコツを教えてあげる優しさもみられました。
最後に、1年生から幼稚園・保育園のみなさんにメダルのプレゼントがありました。
  元気いっぱいの園児のみなさん、楽しい時間を過ごせたでしょうか。4月の入学が楽しみです。

2月6日(月)
  平成29年度入学児童の保護者入学説明会です。風が強く寒い中でしたが、多くの保護者のみなさまにお越しいただきました。
  学校長より挨拶と川辺小学校の教育について、学年主任より入学までの心構えや準備、養護教諭より健康面についてなど、各担当から説明しました。
  PTA本部からは、会長さんよりのご挨拶と副会長さんからPTA活動について説明していただき、いよいよ4月からの入学を待つばかりとなりました。
  教職員一同、新1年生のご入学を心よりお待ちしております。

2月3日(金)
  昇降口をみると、2年1組と4年1組全員の靴が、きれいにそろっています。かかともきれいについています。とても気持ちがいい光景です。
  2学期の記事に引き続き、下の詩を紹介します。
    「はきものをそろえると 心もそろう   心がそろうと はきものもそろう
     ぬぐときに そろえておくと   はくときに 心がみだれない
     だれかが みだしておいたら   だまって そろえておいてあげよう
     そうすればきっと  世界中の人の心も そろうでしょう」      藤本幸邦
  この詩のような心が全校に広がるといいですね。

2月3日(金)
  指導者の先生方をお招きして、全学級公開の授業研究会を行いました。
  研究授業では、3年生が算数の「三角形のなかまを調べよう」の学習を行いました。何種類かある三角形から、辺の長さに着目して二等辺三角形や正三角形があることを
知るといった内容です。学年を、3つのコース・4クラスに分けて学習しました。
  授業の様子から、支援や指導の方法について具体的に話し合いました。指導の先生からは、子どもたちが熱心に考えていた、自分の考えを積極的に伝えようとしていたなどの
お褒めの言葉をいただきました。

2月2日(木)
  持久走大会が終わった後、12月から朝の体力づくりで短縄跳びに取り組んでいます。それに加えて2月から強化週間として、業前の時間に短縄跳びを行っています。
  前半は音楽に合わせたリズム縄跳び、後半は5分間の時間跳びに挑戦しています。まだ5分間跳び続けられる人は少ないのですが、日に日に増えています。
  2月13日・14日に予定されている縄跳び検定まで続きます。ぜひお家でも練習してみてください。親子で一緒に跳んでみるのもいいですね。

2月1日(水)
  1月の歌声集会です。司会や伴奏は音楽委員のみなさんです。気温が低かったので、少し体を動かして、準備運動をしてから歌いました。
  今月の歌は「ありがとうの花」、一番だけ歌ったあとに部分を練習をして、最後に二番までみんなで歌いました。
  続いては、5年生のみなさんの発表です。「クラッピング ファンタジー」という曲で、音楽に合わせて手拍子を楽器に演奏する曲です。
みんなが見ている前で少々緊張気味でしたが、立派に演奏することができました。

1月31日(火)
  なかよし学級のみなさんが「ふれあいアート展」の見学に出かけました。電車に乗って行くので自分で切符を買いました。これも学習です。
  会場では、自分たちの作品とともに他の学校の友達の作品も鑑賞しました。作品のよかったところや工夫しているところなどをカードに記入する活動もしました。
友達の作品のよいところがたくさか見つかりました。

1月30日(月)
  6年生が社会科見学に出かけました。行先は国会議事堂と科学技術館です。
  国会議事堂では衆議院を見学しました。廊下に敷かれた赤いじゅうたんの上を歩き、皇族が使う部屋や本会議場を見学しました。
外に出ると、47都道府県の木が植えてある通路を歩きました。
  科学技術館では、見学や体験を通して科学の楽しさや不思議さに触れることができます。毎年のことですが、やはり体験型の展示は人気があります。
  「小学校生活最後の校外学習」「小学校生活最後のお弁当」でした。卒業式まであと2ケ月です。

1月27日(金)
  春日部市東ブロック小中高連絡協議会では、小・中・高の連携を深め、児童生徒の理解や指導に生かすことを目的に活動しています。この日は飯沼中学校・県立庄和高等学校の先生方をお迎えし、「小学校授業公開」が行われました。5時間目の授業を参観していただきました。
  その後の研究協議会の中で、「意欲的に取り組んでいた。」「学習規律がしっかりしていた。」などのお褒めの言葉をいただきました。分科会では、教科部会・生活指導部会・
小中連携・特別支援部会に分かれて、小学校で身につけておきたいことや小学校から中学校へのつながりなどを話し合い、有意義な会となりました。

1月26日(木)
  3学期最初の「たてわり遊び」が行われました。先週に自分たちで考えた遊びを、1年生から6年生までのたてわりグループで遊びます。
  学校全体を、校庭で遊ぶグループと室内で遊ぶグループの2つに分けています。校庭では鬼ごっこやドッジボール、
室内ではイス取りゲームやだるまさんがころんだなどで楽しみました。
  リーダーの6年生が中心となって、準備や運営をしてくれています。活動を通して、高学年では思いやりの心を、低学年では感謝の心を育てています。

1月25日(水)
  3学期の昼の読み聞かせ「おはなしレストラン」は、図書委員のみなさんもお話を読んでくれます。1回目のこの日は、大型の絵本を使って「おばけのてんぷら」というお話を
聞かせてくれました。てんぷらを揚げているところにいたずらをしに来たおばけが、逆にてんぷらにされそうになるというお話です。
  3学期の図書委員のみなさんは、朝の読み聞かせにも登場してお話を読んでくれます。楽しみですね。

1月24日(火)
  地域の「宝凧の会」のみなさまをお招きし、1年生が凧作りに挑戦しました。
  凧は、和紙を使った本格的なものです。ダイヤ形の和紙に好きな絵を描くところまでは自分たちでやりました。竹の骨組と凧糸をつけるところを中心にお手伝いいただきました。
  凧が出来上がったら校庭で遊びました。ちょうどよい風が吹いていて、凧は気持ちよさそうに大空高く揚がりました。子どもたちは大喜びです。
  「宝凧の会」のみなさま、子どもたちに笑顔をくださり、ありがとうございました。

1月23日(月)
  川辺小学校では「あいさつ運動」を行っています。、3つの校門のところに保護者の方が順番で立ってくださり、登校してくるみんなに声をかけてくださいます。
先生方も一緒に活動しています。
  自分から大きな声であいさつをしてくれる人もいますが、全体としてはまだまだです。学校ではもちろん、地域でも近所の人にあいさつができるようになってほしいと思います。
保護者のみなさま、ご協力ありがとうございます。

1月20日(金)
  川辺小学校では「無言清掃」を行っています。飯沼中学校で行っているやり方を、小学校の方でも同じやり方で取り組んでみようということで始まりました。
  しかし、取り組みが曖昧になってきたということで、3学期始業式の際に今一度、やり方やルールなどを徹底しました。清掃中の音楽も無くしました。
すると、話し声もなくなり、仕事の効率も上がりました。
  掃除の時間に見せる集中力や落ち着きが、ふだんの学習や生活にも見られると学校生活がさらに充実していくと思います。

1月19日(木)
  避難訓練を行いました。今回は不審者が校舎内に侵入したという想定での訓練です。
  不審者が侵入すると、放送で合図が入ります。合図が入ったら、担任の先生の指示で廊下側の入口にバリケードを作り、侵入を防いだり遅らせたりします。
鍵がかけられるところは施錠もします。その後はベランダ側に集まり、反対側から逃げる準備をします。
  先生方は、児童から不審者を遠ざける行動の確認と確保の際の動きの確認をしました。今回、児童は不審者と対峙しませんでしたが、実際はその場に応じた冷静な判断と行動が求められます。
  ご家庭でも、不審者にあわないようにするにはどうしたらよいか、怪しい人物を見かけたらどう行動すればよいかなどを話し合ってみてください。

1月18日(水)
  今週から3学期の読み聞かせが始まりました。
  3学期最初の朝の読み聞かせ「おはなし宅配便」は、「おはなしの森」の保護者ボランティアのみなさまが、昼の読み聞かせ「おはなしレストラン」は、
庄和おはなし会のみなさまがお話を読んでくださいました。それ以外にも各クラスでの読書や読み聞かせも行われています。
  聞いていたみなさんは、楽しいお話に聞き入っていました。ときには笑いも起きていました。ボランティアのみなさま、今年もよろしくお願いいたします。

1月12日(木)
  3学期の身体測定が行われています。1日目は4・5・6年生、2日目は1・2・3年生となかよし学級です。身長と体重を測っています。4月と比べて、1年間でどれだけ成長しているでしょうか。
  測定に先立って、養護教諭から「かぜに負けない合い言葉『うまくきたえてあしたはよい』」というお話がありました。
   「う」がいをする    「ま」すくをする       「く」うきを入れ替える   「き」そく正しい生活   「た」い力をつける   「え」いようのバランス   「て」あらいをする
   「あ」るこーる除菌   「し」つ度の調節をする  「た」い温をはかる     「は」んかち・ティッシュを身につける        「よ」ぼう接種を受ける   「い」ふくの調節をする
たくさんありますが、できることから心がけてかぜに負けないようにしましょう。

1月11日(水)
  書き初めで特選になった人たちが、学校の代表として2学期から練習を続けています。今日から3学期の練習が始まりました。昼休みと放課後の時間を使って書いていますが、友達が遊んでいる中で自分も遊びたい気持ちになってしまう子もいると思います。そんな中で集中して書いている姿は、さすが学校の代表といったところです。
  お家の方には、放課後のお迎えをお願いしています。ご理解とご協力に感謝いたします。市内書き初め展は、21日(土)・22日(日)にふれあいキューブで開催されます。

1月10日(火)
  学校に子どもたちのにぎやかな声が帰ってきました。今日から3学期の始まりです。校舎の玄関では、先生方からの年賀状がみんなを迎えました。
  その後の始業式では、3名の代表の人から、「3学期に頑張りたいこと」の発表がありました。続いて、校長先生のお話、1月の生活目標や清掃のしかたについてのお話、
転入生の紹介がありました。
  校長先生の話の中では、「校長先生からのお年玉」がありました。なんと、体育館後方から獅子舞が現れました。みんなの前で迫力のある舞いです。
これで川辺小学校のみんなは、1年間幸せにすごせることでしょう。スクールガードリーダーの小嶌様、ありがとうございました。

1月6日(金)
  1月1日の朝、学校の屋上からはきれいな初日の出が拝めました。新しい年の幕開けです。
  来週から3学期が始まります。学校は子どもたちを迎える準備が整いました。
  3学期は、平成29年のスタートであるとともに、学年のまとめでもあります。健康と安全に注意しながら、勉強や運動に取り組むことによって心や体を鍛え、
次の学年につなげていきたい思います。